取り扱い製品

  1. ホーム
  2. 取り扱い製品
  3. ゴム・エラストマー原料
  4. ウレタン原料
  5. 加水分解安定剤

加水分解安定剤

Stabaxol®(スタバクゾール®)

Stabaxol®(スタバクゾール®)は、ラインケミー社(独)が製造・販売する加水分解安定剤(カルボジイミド化合物)です。下記に挙げたポリマーだけでなく、多くのポリマーに対し高い効果を発揮します。

スタバクゾール® Iパウダー
スタバクゾール® P
  • ポリウレタン(PU)
  • PET
  • PBT
  • ウレタン系熱可塑性エラストマー(TPU)
  • ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPEE)
  • ポリアミド(PA)
  • EVA

上記のポリマーなど、エステル基を有するポリマー中に、酸・水・熱の三要素が揃うとエステル基の分解を起こす可能性が高まります。 そこでStabaxol®(スタバクゾール®)を添加すことにより、 Stabaxol®(スタバクゾール®)のカルボジイミドが酸や水分と反応し、ポリマーより加水分解の原因となる物質を取り除きます。その結果として製品寿命を伸ばすことがで きます。

ポリアミドの溶融粘度増加に

また、 Stabaxol®(スタバクゾール®)を加工助剤として使用することで、下記の効果も期待できます。

1)加工中のポリマーへのダメージ低減
2)分子鎖の延長
3)不良率低減によるコストパフォーマンスの向上
4)加工安定性の向上

遊離酸の除去に

一般的に、エステル中に含まれる酸はポリマー合成時の反応性に影響します。Stabaxol®(スタバクゾール®)を使用することで酸を除去し、反応安定性を高めることができます。

Stabaxol®(スタバクゾール®)の種類

Stabaxol®(スタバクゾール®)は、大別してふたつのグレードをご用意しております。

低分子量カルボジイミド
  • Stabaxol® TPowder
  • Stabaxol® T-LF

分子量360g/molであり、酸と素早く反応します。酸の除去による生産性の安定が期待され、その結果、製造時の不良発生率を削減できる効果があります。

高分子量カルボジイミド
  • Stabaxol® P
  • Stabaxol® P100

Stabaxol® Pの分子量は3,000-4,000g/mol、Stabaxol® P100 の分子量は15,000g/mol以上となり、共に長期安定性に優れ、良好な熱安定性を有します。

上記以外にも、各種プラスチックの用途に応じてマスターバッチをご用意できます。詳しくはお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る